メンタル

【やる気が出ない人必見】即実行!やるべきことを先延ばしにしない方法

この記事は約7分で読めます。

こんにちは!

筋トレ・ダイエットの習慣化を徹底サポートするオンラインパーソナルジムのDELTA FIT sateliteです!

夏本番に差し掛かってきて

「今年こそダイエットするぞ!」

だったり

「仕事で〇〇を達成するぞ!」

だったり、今の自分の人生をさらに良くするために目標を設定した人も多いのではないでしょうか!

しかし、

「やり始めるまでがしんどい...」

「始めさえすればできるのに、始めることにやる気が出ない...」


なんて思ってしまいませんか?

皆さん共通の悩みだと思います。

ここで「みんなは頑張っているのに自分は...」なんて落ち込んでしまう方もいると思います。

でも安心してください!割とみんなそんなものです!

そして、やり始めの遅さは根性ではなく技術で克服できます!

「やるべきことは明確に決まっているのに、ダラダラしてしまって何だかんだで始めることができない。」

今回はその克服法を解説していきたいと思います!

先延ばししない方法①他人のためにやろうとしない

これは何か新しいことを始めるときにしてしまいがちな行動です。

上司に認めてもらおう、彼女の期待に応えるぞ!、親が期待してくれている!

など、他人の期待に応えようとする傾向の強い人は、

小さな失敗や少しの批判で心を病んでしまう傾向があります。

自分のために新しいことを成し遂げる事よりも、

他人の期待に応えることが目的となってしまっているので

今の自分のレベルを過度に超えた高すぎる基準を設定してつぶれてしまったり、

プレッシャーで心が苦しくなったりしてしまいます。

以前からこの傾向がある人は無意識に、

新しいことに挑戦する=心にダメージを負う

と認識している可能性が高いので、新しいことを始めるのが億劫になってしまっている場合があります。

いわゆる「気にしすぎ」です。

【すぐに効果が出る】気にしすぎを解消する方法3選!

気にしていること、心配事を書き出す

紙でもノートでもなんでもいいので、自分が落ち着ける場所で15分程度で心配事や気にしていることを紙に書き出してみましょう!

この時のポイントは、心配事の原因をなるべく詳細に書き出すことです。例えば、

「この仕事で失敗したら上司にどう思われるかわからないから不安」
「受験に失敗したら親に失望されそうで心配」


などとにかく思っていることをそのまま書き出してみましょう!

これを毎日、又は毎週決まった時間にやることをお勧めします。

例えば寝る前に15分だけ心配事を書き出すタイムを作っておくと、

その時間以外に心配事や気にしすぎの傾向が減っていきます。

紙とペンさえあればできるのでぜひ試してみてください!

五感カウントダウン

これは瞑想の1つで、別のものに集中することで今感じている心配や不安を一旦忘れるための方法です。

すぐに効果が出るものなので、ぜひ読みながら試してみてください。

①1回深呼吸をして、目の前にあるものを何でもいいので5つ声に出して言ってみる。
                    ⇓
②1回深呼吸をして、周りにあるもの4つに触ってみる。(この時、手で質感を感じる)
                    ⇓
③1回深呼吸して、耳に入ってくる音3種類に集中して聞いてみる。(例:エアコン・車・時計の秒針の音など)
                    ⇓
④1回深呼吸して、香ってくる匂い2つに集中してみる。
                    ⇓
⑤1回深呼吸して、食べ物を一つだけ口に入れて味を感じてみる (例:チョコレート・甘い)


この5つを行うと、いつの間にか心配事や不安が一旦切り離され、リラックスできます。

ちょっと今日疲れがひどいな... 心がしんどいな... というときに行うのがおすすめです!

スキミング

これは全体を俯瞰してみる方法です。

何かを気にしすぎている場合は高確率で、細かいところを見すぎている傾向があります。

なので、意識的に全体像を見るようにしましょう。

頭の中ではなかなか難しい!という場合は紙やノートに書いてみましょう!

例えば仕事の場合だと、会社の規模、自分に今求められていること、過去の成功・失敗体験など

大きなところから書き出してみると自分自身を客観視することができます。

先延ばししない方法②完璧主義をやめる!

現代は完璧主義の方は非常に多いです!

え?完璧主義っていいことじゃないの?と思った方も多いのではないでしょうか。

実は完璧主義というのは諸刃の剣なんです。

特に、新しいことを始めるとなると完璧主義はその妨げになります。

1990年代から社会における競争が激化して、

とにかく上を目指さなければ!という意識の元、完璧主義の人が増加したといわれています。

特に現代はSNSが普及してインスタやTwitter、 tiktokなどで世の中のすごい人たちを簡単に見れるようになりました。

それゆえに、

「あの人と比べて自分はまだまだだ。もっと頑張らないと!」
「自分は甘い!成功者はもっと頑張っている」


など、今の自分よりもかけ離れた場所にいる人を基準とすることで

自分でも気づかないうちに完璧主義になっているパターンが多いのではないかと思います。

確かに、何事も高い基準で物事をすると聞けば、聞こえはいいですが

新しいことを始めるにあたっては

「完璧な状況・条件がそろわないと始められない」

ということが起こります。

その上、完璧主義がゆえに少しの失敗も恐れてしまいます。

失敗することが怖く、行動を始めることができない原因になってしまします。

例えば、ダイエットするにあたってトップモデルを目標にしたり、

起業するにあたって超有名経営者を最初から目標にしてしまうと

少し失敗しただけで「やっぱり自分ではあんな風になれないんだ...」と落ち込んでしまい、

そのままやめてしまう

ということが起こります。

完璧な人間なんてそもそもいません!SNSでキラキラしているトップの方々も、

最初は何もない所から始めてたくさん失敗しているはずです。

完璧じゃなくても、スキルがなくてもまず始めることが一番大切です!

完璧主義の考え方を少しずつ変えていきましょう。

先延ばししない方法③失敗も含め自分をほめる(セルフコンパッション)

これも非常に大事です!

何かに挑戦して失敗したときに自分を卑下するのではなく、

「よくやった!」と自分をほめましょう!

この時にポイントなのは、失敗を受け入れて、自分をほめることです。

失敗に目を背けてはいけません!

アメリカで行われた、

過去に非常に大きな失敗をしたけれど

その失敗を乗り越えることができた人を対象にした研究では、

失敗も含めて自分をほめ、

その後も成長を繰り返していったそうです。

これを

セルフコンパッション

といいます。

ポジティブシンキングとは別物なので注意してください!

この場合のポジティブシンキングは失敗そのものに目を背けてしまう思考法です。

失敗を受け入れて自分をほめる

セルフコンパッションをぜひ実践してみてください!

これが日常に浸透すれば、挑戦することに対してすぐにとりかかることができます!

さいごに

いかがだったでしょうか!

今回は

やるべきことを先延ばしにせず即実行する技術

について解説しました!

なにか1つでも新しいことを始めて、来年になるころには成長していけるように頑張っていきましょう!

なかなか自分では自分を管理できるか不安…という方は

ぜひDELTA FIT sateliteのオンライン無料ダイエット相談をご利用ください!

フランクな個別カウンセリングなのでお気軽にお問い合わせください。

下のボタンから約1分でお申込できます!

RECOMMEND

-メンタル
-, ,