フィットネス

【ダイエット】もうジム選びで迷わない!ジムを選ぶ基準を徹底解説!

この記事は約5分で読めます

こんにちは!

今回はですね、

今までジムとか通ったことないけどこれから通い始めようという人向けに

ジム選びの基準について解説していこうと思います。

今日の記事はですね、科学的に正しいとかそんなものはフル無視でですね

完全に私の経験だけが参考文献の、独断と偏見に基づいて解説していこうと

そういう記事です。

最近ですね

心機一転でダイエットや筋トレに挑戦しようとするも

ジム選びを間違えて続かずやめてしまう

チワワトレーニーが大量発生しているという噂を

ある筋から聞きつけまして。

まあ私自身そういう人をですね

今まで8000万人くらい見てきましたと。

まあ以前の私ではですね、まだ力及ばずでこの状況を救えなかったんですけど

昨日ですね、晴れて宇宙筋肉大臣に就任したので、これを機に世界を救っていこかなと。

実際ですね、ジム選びをミスるっていうのは、めちゃくちゃもったいないんですね。

せっかくトレーニングしようと心機一転したのに

環境でモチベがやられてしまうっていうのは避けていきたいですと。

ダイエットや筋トレというのは

もちろん健康のためにも素晴らしいんですけど

それ以外にもいろいろなプラスの効果がありますと。

なのでしっかり自分に合ったジムを選んで

より豊かな生活を送ってもらえたらなと思います。

それでは一緒に見ていきましょう。

目的で選ぶ

まず第一にですね

自分が何のためにトレーニングを始めて、最終的にどうなりたいか

という事を考えていった方が良いですと。

例えば

普通にダイエットをして、それを習慣にしていきたい

というのが目的であれば

費用も安く、トレーニング時間も自分で決められる

マシン特化型のフィットネスジムに行った方がいいですし、

みんなで楽しくトレーニングしたいとか、

いろんな運動を楽しみたいというのであれば

大型の総合フィットネスジムに行った方が良いですと。

ただ、自分だけではなかなか習慣化できないという場合

大きな大会に出たいだったり、より専門的なトレーニングを受けたいという方であれば

パーソナルジムに入った方が良いですし

ジムに行く時間はないけど忙しい中でもトレーニングを習慣にしたい

という方であればオンラインパーソナルジムを利用した方が良いです。

こういう風にですね、

まずは自分の目的というのを整理して

自分に合ったジムの形を見つけていくのが大切ですと。

とりあえず筋トレするってなったらエニタイム通えばいいか

みたいな感じでですね

失敗してきた人を6000万人は見てきているので

ここは最初にしっかり目的を明確化しておくのが

大事ではないかなと思いますと。

『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』- グレッグ マキューン

なかなか自分の目的が整理できないという方は

こちらの本がおすすめです。

そんなに長い本ではないので

これをサクッと呼んでから目的を整理してみてください。

場所で選ぶ

これ場所もめちゃくちゃ大事になってきますと。

特にフィットネスジムに通おうとしている方はここ特に注意してほしくて

これ何でかっていうと

場所っていうのはトレーニングを習慣化できるかどうかの重要なファクターなんですね。

例えばですね、選びがちなのが

家から一番近いジム

なんですね。

もちろん家から通いやすいことに越したことはないんですが、

休日に筋トレしようと思ったときに

一週間の中のオアシスである休日に、

わざわざジムの用意して家から出られるかって話です。

平日にしようと思っても、

仕事で疲れてる中、家が近くにある状態でジムに行けるかって話です。

なので、意志力がる場合は大丈夫ですが

そこまで自分の意思に自信がないという方であれば

職場近くのジムに入会して、トレーニングの準備をもって

仕事に行くのが一番いいかなと思います。

そして休日はしっかり休むというトレーニングスケジュールで

習慣化を目指すのが一番いいんじゃないかなと。

ジムに通う一番の難しさって

家出るまでが鬼だるい

ってところだと思うんですね。

なので出来るだけ家か職場から一番近い所にあるジムに入って

交通機関もできるだけ使わなくて済むようにしましょう。

電車でジム行くとかになると、駅まで歩くのも面倒ですし電車まってるのも面倒です。

なのでジムに行くまでの道のりで億劫になってしまいます。

家から自転車で10分程度で行ける範囲だったり、

電車であっても

職場から家までの通勤定期券内の駅から徒歩5分以内の場所で探すと

続けやすくなると思いますと。

料金で選ぶ(安ければいいってものじゃない)

料金も結構大事になってきますと。

これおすすめの基準がですね

ちょっと渋るくらいの料金

ですね。

これどういうことかっていうと、ジムって形態によって全然料金が違うんですね。

例えばマシン特化型ジムだと月3000円~5000円が相場です。

総合型フィットネスジムだと月8000円~12000円くらいで、

パーソナルジムだと3ヶ月で150000円~300000円が相場ですと。

例えばこれトレーニングを習慣化したいっていうのが目的でジム選びをしているとして

パーソナルジムは高すぎるんですね。

しっかり効果を出そうと思うと月々数万単位で飛んでいくので

この金額を払える人はなかなかいないんじゃないかなと。

かと言ってですね

安すぎるフィットネスジムを契約してしまうと

ちょっとだるくなったときに

「まあ別に安いしな...」

という感じでさぼりやすくなってしまうんですね。

周りでジムは契約してるけど全然行ってなくて月謝だけ払ってるみたいな

こういう人いませんか?

意志力が弱い状態で安いジムに行ってしまうとそういうことになってしまう可能性がありますと。

なのでですね

お勧めするのが

「あ~~ちょっとだけ高いな~」と感じる値段です。

私の独断と偏見の肌感覚でいうと

月10000円超えてくると皆さんちょっと渋りだすと思うんですね。

これくらいのグレードのジムに通ってもらうのが

初心者の場合はオススメなんじゃないかなと思います。

習慣化がしっかりできてから

安いマシン特化型のジムに変えるなり、家トレに変えるなりすればいいと思います。

なので、トレーニングがめんどくさい日に

「まあちょっと高い金額出してしまってるしな...やるか!」

と思えるくらいの金額のジムが

一番いいんじゃないかなと。

さいごに

いかがだったでしょうか!

今回は

ジムに初めて通うという人に向けてジム選びの基準について解説しました。

自分に合ったジムでトレーニングができると

習慣化できる確率がぐっと上がるので

ここはちょっと慎重に選んでほしいなと。

追記

私の友人にですね

受付のお姉さんがめちゃくちゃタイプで

入会を決めて筋トレ頑張って

アプローチしまくってたんですけど

結果そのお姉さんマッチョあんま好きじゃないっていう

地獄みたいな結論が待ってましたと。

ただまあ筋トレ頑張ったおかげで

今では筋トレが一番楽しい趣味になってるらしいんで

まあそういうのありなんじゃないかなと。

以上です。

おすすめの本まとめ

RECOMMEND

-フィットネス
-, ,